ミニカーについて

PR|http://www.world-minicar.jp/

ミニカーの種類の多さにはびっくりさせられます。色々あり過ぎてそして、緻密に精巧に出来た物が多いです。

これが最近のミニカーを見ての感想です。

私が子供の頃もミニカーは有りました。
でも、とりあえず、チョロチョロと前後に動くだけで、ドア部分もハメ殺しで開閉するこよもなかったでした。せっかくおねだりして誕生日に買ってもらたミンカーも、知らない間に塗装が剥がれてしまい、痛々しい寂しい姿になり、こちらも寂しい気分になる物が多かったのです。

それも「味」と言えばそうですが、最近のミニカーは格の違いを見る思いがします。
ディテールの再現が忠実で、本当に驚かされます。
実は自動車の販売をしていた私は、新型車の発売と同時に、時としてメーカーからミニカーが送られてくる「模型」を見てはテンションが下がっていたのであります。
まぁ、色見本用だから形云々じゃないけど、もう少し気合を入れてほしいなぁと思うのでした。

その点、最近のミニカーは(当たり前ですが)凄いですね。以前興味があったローバー社のミニクーパー。実車も手作り感たっぷりの車ですが、これのミニカーも本物に負けず劣らずの精巧さです。ドアは当然開きますし、ボンネットもトランクも開くのです。この時点で凄いなと思うけど、それだけにとどまらず、メーター周りも含めた内装やエンジン部品の其々も忠実に再現されているのです。ミニカーなのにもかかわらず、実際に運転したくなる作りなのです。
ライト周り、メッキモールも非常に綺麗に仕上げてあります。そして、金額も凄いいいお値段で、3万円台であります。ちょっとかじりたい人では勇気のいる金額です。でも、それだけ出す価値が有るものでも有ります。

そのほかのミニカー製造メーカーもやはり実車に忠実な作りであるし、スポーツカー、パトカー、バス、レトロな車や最近発売になった車種までさまざまなものが取り揃えてあります。

私の場合、自らが販売して扱っていた車種のミニカー(一部はプラモデルとして販売されている・製造されていない車種もある)に興味が注がれます。
それを眺めながら、「懐かしいなぁ」とノスタルジックに気持ちが高ぶります。

乗りたかった憧れの車、ミニカーを集めて夢を見ています。マイ(ミニ)ガレージを作るのも楽しいです。憧れていた時代へタイムスリップさせてくれる。ミニカー好きにはたまらないロマンです。これからもミニカーの趣味はやめられそうにありません。

<特別サポート>
生命保険の口コミ.COM|アダルトアフィリエイトの稼ぎ方|生命保険の選び方|クレジットカードリンク集|家計見直しクラブ|超SEO対策|FXシストレ|クレジットカードの即日発行じゃけん|内職 アルバイト|JALカード|ダイエットジムフランチャイズ|貯蓄|内職|